新型コロナウイルス感染症に関する特設ページ

詳細はこちら

更新日:2022.08.10

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.9062 【第6回】失敗学シリーズ ―事例と教訓 その12―

講座

講座

No.9062 【第6回】失敗学シリーズ
―事例と教訓 その12―

ミニ失敗事例をもとにした失敗学概論に続き、様々な事例を失敗学の観点から扱い、その本質に迫ります。真の再発防止策や失敗を創造的に生かす力を共に考えましょう。
こちらのお申し込みは失敗学シリーズの第6回目の申込みフォームです。
★全回またはその他のお申込みはそれぞれの講座コードからお申込みください。


◆こちらの講座はWEBからの申込のみ受付します。(開講約3日前にメールへオンライン講座の案内をお送りします)
「Zoom」というアプリを利用し、対面ではなくオンラインで講座を開講いたします。インターネット環境があるところであれば、ご自宅などで受講いただけます。「Zoom」の動作方法の確認については、受講料の振込案内の際に同封します。

講師・略歴

三国 外喜男(税理士法人宮田会計/特定非営利活動法人失敗学会 会員)

日程

①3月5日(土)

時間 土曜日 10:40~12:10

プログラム(演題)

【タイトル】
労災事故を失敗学で分析しよう -分析すると見えてきます。しなくても見えます。でも見える中身が違います。-
【概要】
1.事故現場は会社内だけとは限りません。営業で得意先周りをしているときも、通勤災害も
2.高所作業するときはヘルメットを、でも自宅の修繕をするときもヘルメットをかぶりますか?
3.ケガした瞬間に思い出した。上司の顔を。そう言えば「注意せよ」と聞いていた。
4.ケガしてわかる自分の甘さ・・・・・注意するけど、注意しない自分が
5.事故のストーリーを描いてみよう。すると、見えてきます・・・・・?

会場
ご自宅など
定員
200名
受講料
1,000円
戻る