ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.9052 【第4回】失敗学シリーズ ―事例と教訓その11―

講座

講座

No.9052 【第4回】失敗学シリーズ
―事例と教訓その11―

ミニ失敗事例をもとにした失敗学概論に続き、様々な事例を失敗学の観点から扱い、その本質に迫ります。真の再発防止策や失敗を創造的に生かす力を共に考えましょう。 

こちらのお申し込みは失敗学シリーズの第4回目の申込みフォームです。
★全回またはその他のお申込みはそれぞれの講座コードからお申込みください。

◆こちらの講座はWEBからの申込のみ受付します。(開講約3日前にメールへオンライン講座の案内をお送りします)
「Zoom」というアプリを利用し、対面ではなくオンラインで講座を開講いたします。
インターネット環境があるところであれば、ご自宅などで受講いただけます。
「Zoom」の動作方法の確認については、受講料の振込案内の際に同封します。

講師・略歴

大澤 勲
失創研究所(FCL) 代表/特定非営利活動法人失敗学会 会員

日程

①7月24日(土)

時間 土曜日 10:40~12:10

プログラム(演題)

【タイトル】
良いことづくめだった”新交通システム”の失敗はなぜ? ー廃線に至った路線の検証ー

【概要】
脚光を浴びて全国に開通された数々の新交通システムは1件を除いて赤字路線であった。愛知県が国の補助を受けて鳴り物入りで開通したニュータウンと結ぶ新交通システムが赤字続きのまま15年で廃線に至った。その高架のインフラ残骸は15年たった今もほとんどがそのまま残っている。その失敗例から何を学べるであろうか? 姫路市にも、新モノレールが廃線になり橋脚が虫食い状態でまだ残されている。

会場
ご自宅等
定員
200名
受講料
1,000円
戻る